このページについて

  • 経済学部専門科目「経営組織論」に関連する情報や授業の記録を掲載していきます。

2018年度 後期試験に関する情報

実施日時

2月8日(金曜日)2限(10:40〜12:10) L108教室

*いつもの教室とは異なります。注意してください。

試験内容

記述式の問題を4問出題します。基本問題2問(各20点)、応用問題2問(各30点)です。

基本問題は下記の2問です。

  • 問1:公式組織は決定のシステムでもあります。公式組織の成立と存続に決定がどのように関係するのか、メンバーの公式組織に関わる活動において決定がどのように関わるのか、この2点を説明してください。
  • 問2:公式組織において逸脱的行為が不可避的に生じる可能性があることを、公式組織の原理に基づいて説明してください。

試験当日の持込

持ち込みは紙のもの&電子機器を認めます。講義ノート、印刷物、コピー、あるいは携帯電話、スマートフォン、タブレット、電子辞書などを持ち込んでかまいません(飲み物、体調管理のための飴も認めます)。

試験対策上の注意

このサイトで公開されている経営組織論関係の講義ノートは、内容が不十分なうえに、古いままになっているところがあります。注意してください。

修正中の講義ノート(かなり不完全なもの)を参考までに紹介しておきます(LinkIcon「経営組織論 第2版α

当日、試験を受けられない人へ

何らかの事情で2月8日の試験を受けられない人、受けられなくなった人は、試験終了までに田中までメールで連絡してください(motoyuki@fpu.ac.jp)。メールには、必ず、氏名、学籍番号、受験できない理由・事情を書いてください。

正当な理由(天候、事故、インフルエンザ等の病気などは認めますが、就活は理由として認めません)と田中が判断した場合には、レポート試験への変更を認めます。100〜80点満点(事情により満点は変わる)のレポート試験を行います。

参考資料・補助教材

「経営組織論」の受講生の皆さんや、組織論に関心のある方のために田中が作成した補助教材、研究ノートです。講義ノートは内容が古くなっていますので注意してください。

LinkIcon経営組織論

LinkIconチェスター・バーナードへの散歩道

LinkIconルーマンの『公式組織』を読んでみる